topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廊下の無い家は可能? - 2012.09.28 Fri

こんにちは。モノコトです。

「廊下のない家を作ってください!」
こんなことを要望されたことがあります。
確かに廊下ってムダに感じる方も多いと思います。
廊下は、部屋と部屋を繋ぐものであり、区切るものでもあります。
風を通すものでもあります。
(南北の廊下は風の通りが良くなります。)

「でもいらない。。」

廊下を無くすメリットは部屋が広くとれることです。
一方、廊下を無くすデメリットは部屋が繋がることです。

二階建ての二階を考えてみてください。
一般的間取りでは、二階に寝室と子供部屋を計画する場合が多いです。
最近は、二階にトイレも欲しいとトイレも計画します。

この間取りでは、二階に上がってくる為には階段を必ず通ります。。。
廊下無しの場合では、どこかのスペースに階段を繋げて計画をする事になります。
トイレが部屋の中にあるのも気になりますよね。

近年の家族構成
「旦那、妻、子供」であれば極力廊下無しでもいいと思います。
「両親、夫婦、子供の二世帯」では、区切る部分は必要です。
 (最近は2.5世帯というのも流行りつつあるが)
つまりは、家族構成やプライバシーの確保により廊下は必要になります。
 (個人的には、家の中に間仕切りや廊下は極力無いほうが良いと思いますが。)

廊下にも意味があるのです。
間取りを計画する際はメリット・デメリットを考えて計画していきたいですね。

実際、「廊下を部屋に取り込む」計画はできると思います。
本来の理想の家は、「廊下を家に取り込むこと」だと思います。
無くしてしまうのではなく「取り込む」工夫が必要ですね。


よい間取りは、壁の線が通っているものだと思います。
これは、構造的面からみても良いですしコストダウンにも繋がります。
部屋の広さばかり重視して色々なところに凸凹のある間取りでは、
実際に住んだら使いにくいこともあります。

「繋ぐ」「間仕切る」をうまく取り入れた計画が良い住まいに繋がりそうですね。


↓ 一位目指してランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いします m(__)m ↓
      
にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村
   
自然素材住宅 ブログランキングへ

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokotonoie.blog129.fc2.com/tb.php/145-2ccb3cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋色に植えかえました♪ «  | BLOG TOP |  » 玄関収納は?どうします?

プロフィール

モノコト

Author:モノコト
ミシガン湖のほとりでたたずむ

福岡県古賀市在住
一級建築士
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
整理収納アドバイザー

福岡県古賀市で住宅設計・
申請業務、リフォーム、
インテリアコーディネートの
仕事をしています。

このブログでは、
住宅業界の最新情報、家を建てるにあたっての豆知識他、
ざっくばらんに書いています。
気楽に読んで頂けると嬉しいです。

モノコトデザインオフィス代表
日吉一幸

モノコトデザインオフィス
メインHPはこちらです
↓↓↓


住育ライフに参加させて
頂いています
↓↓↓
住まいの情報メディア 住育ライフ

お問い合わせ

住宅、インテリア、収納、照明など、 家にまつわることでお悩み・ご相談についての 無料メール相談をOPENしました。
お気軽にお問い合わせください。
       monocoto Design Office

お名前:
メールアドレス:
ご質問など:

ブックマーク RSSリンク

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリ

リンク

カレンダー&アーカイブ

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

カウンター

ランキング参加中!

以下のランキングにも参加中!
応援クリックお願いします♪

福岡県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。