topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベットの位置は大丈夫? - 2013.01.24 Thu

こんにちは。モノコトです。

窓が大きいと明るくて気持ちが良いですよね。
では、部屋をつくる際窓の大きさや高さをどこまで考えますか

皆があつまるリビングの窓はみなさん気にして打合せでも確認してきます。
しかし2Fの窓の大きさや高さって考えますか?

設計士や工務店の方のプランそのまんま。。。なんてないですか?

子供部屋の事故として窓からの転落というものがあります。

一般的によく使われる窓として腰窓と言う高さの窓が多いです。
腰窓と言われる窓は床から80cm程度の高さ(大人の腰ぐらいだから腰窓)
子供もジャンプして落ちる高さではありません。
ではなぜ転落は起こるのかと言うと、「ベットを窓際に配置」するためです。

子供部屋のベットの高さは下が収納になっていたりすることが多く約30cm程度は上がっています。
ここに布団やマットを敷くと窓との差は40cm程度にしかならないのです。

子供はベットの上で飛び跳ねたり動き回る事が多いです。
ベットを設置する際は、窓際を避けるか窓の高さを検討する必要があります。
一番安全な方法はバルコニーを設ける事ですがコストUPになってしまいます。

窓ひとつの事ですが取付ける理由は必要ですね。


↓ 一位目指してランキングに参加しています。ぜひ応援クリックお願いします m(__)m ↓
      
にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村
   
自然素材住宅 ブログランキングへ

福岡市・北九州市・古賀市・糟屋郡・福津市・宗像市の
インテリアコーディネート・収納アドバイス・新築・リフォーム

モノコトデザインオフィス
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokotonoie.blog129.fc2.com/tb.php/171-c8eefce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どれがいいの?木材の種類 «  | BLOG TOP |  » 白い部屋の秘密

プロフィール

モノコト

Author:モノコト
ミシガン湖のほとりでたたずむ

福岡県古賀市在住
一級建築士
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
整理収納アドバイザー

福岡県古賀市で住宅設計・
申請業務、リフォーム、
インテリアコーディネートの
仕事をしています。

このブログでは、
住宅業界の最新情報、家を建てるにあたっての豆知識他、
ざっくばらんに書いています。
気楽に読んで頂けると嬉しいです。

モノコトデザインオフィス代表
日吉一幸

モノコトデザインオフィス
メインHPはこちらです
↓↓↓


住育ライフに参加させて
頂いています
↓↓↓
住まいの情報メディア 住育ライフ

お問い合わせ

住宅、インテリア、収納、照明など、 家にまつわることでお悩み・ご相談についての 無料メール相談をOPENしました。
お気軽にお問い合わせください。
       monocoto Design Office

お名前:
メールアドレス:
ご質問など:

ブックマーク RSSリンク

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリ

リンク

カレンダー&アーカイブ

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

カウンター

ランキング参加中!

以下のランキングにも参加中!
応援クリックお願いします♪

福岡県 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。